収入証明書不要で借りることができる消費者金融

カードローンを利用してお金を借りるときには急いでいることも多いですから、できるだけ面倒なことはせずに借りられたら良いですよね。例えば必要書類。運転免許証や健康保険証といったいつでもお財布の中に入っているような本人確認書類だけで済むのであれば、いつでも場所を選ばずに申込をすることができますが収入証明書が必要となってきますとすぐには用意することができません。では、消費者金融で収入証明書不要でお金を借りることはできるのでしょうか。

 

これは結論から言えば、YESでありNOです。というのも、消費者金融の場合には貸金業者となりますから貸金業法という法律が適用されます。貸金業者では、1社で50万円以上の借入の場合、または複数社で100万円を超える借入の場合には収入証明書の提出が義務づけられているのです。つまりこの貸金業法で定められた条件に当てはまる場合ですと、消費者金融での借入では収入証明書の提出が必要となりますし、この条件以下の場合でしたら収入証明書を提出せずに借入が可能です。

 

収入証明書としての要件を満たしているのは源泉徴収票、所得証明書類、その他納税通知書や給与の支払い明細書などといった証明書類です。こうして並べてみますと、出先で急にお金が必要になったときにはなかなか手元に用意するのが難しいものばかりですね。

 

収入証明書を提出しないでお金を借りたい、という場合には銀行カードローンを検討した方がいいのかもしれません。銀行カードローンも収入証明書の提出をしなくても良い、というわけではないのですが、消費者金融のように法律でいくら以上の場合には提出、というように定められておらず、銀行が各々でその額を定めています。大体が100万円を超える借入れの場合は、ですとか300万円ですとか、高額な借入になる場合に提出を求めるようになっているので、その設定額以内でしたら収入証明書の提出をしないでもお金を借りることができます。