消費者金融の審査は甘い?

よく消費者金融のカードローンの審査は甘い、などと言われたりもしていますが、ほんとうに消費者金融の審査は甘いのでしょうか?

 

実際、審査が甘くなるとどういうことになるかといいますと、返済能力のない方に対してもお金を貸してしまうことになります。返済能力のない方にお金を貸してしまえば貸したお金が返ってこないことも考えられますから、そうなりますとカードローン会社側としてはリスクになってしまいますよね。業者側だってボランティアでお金を貸しているわけではありませんから、そんなことをしては経営自体がなりたたなくなってしまいます。

 

ですから消費者金融のカードローンだからといって、審査が甘いというわけでは決してないのです。ではなぜ消費者金融のカードローンが審査が甘い、と言われるのか、それは銀行カードローンと比べてということでしょう。

 

一般的に、審査の難しさと金利とは反比例の関係にあると言われています。低金利なものは審査のハードルが高く、審査のハードルが下がればその分金利は高くなります。金利は利息収入へとつながるわけですが、カードローン会社はこの利息収入で宣伝費や人件費など経営をまかない、またもし貸したお金を返済してもらえない場合、つまり貸し倒れの場合にはそれをカバーします。

 

金利が高ければその分利息収入が大きくなり、金利が低ければ利息収入は少なくなります。利息収入が少ないということは、それだけ審査を慎重に行って、お金を貸しても良いかどうかを厳選しなくてはなりません。もしも貸し倒れとなった場合には、それを利息収入でカバーしなくてはならないからです。

 

こうしたことなどから、低金利な銀行カードローンは審査が厳しく、それに対して金利が高めな消費者金融は審査が柔軟だ、と言われるのです。消費者金融など貸金業者はただでさえ上限金利の引下げによって経営が厳しくなり廃業に追い込まれた業者が少なくありません。そのため、決して、審査自体は甘いわけではありません。

 

そうしたリスクがあるとわかっていながらお金を貸して、それでも経営がなりたっているというところは、逆に言えばそうしたリスクのある方にお金を貸したとしても、どんな手を使ってでもそれを回収する手段があるということです。つまり、違法な業者である可能性が高い、というわけです。

 

ですから審査に通る自信が無いからといって審査の甘いところを探して申込をするのは、そうした業者を引き当ててしまう可能性が高いというわけです。甘い審査などとうまい話なんていうものはそうそうありませんので、大手など知名度が高いところを利用するのであれば問題ないですが、名前を知らないような業者を利用するような場合には特に注意して利用をするようにしましょう。