消費者金融のカードローンと銀行カードローン

カードローンというと消費者金融を思い浮かべる方は多いかと思いますが、最近では銀行カードローンもCMなどで目にすることが多くなりました。消費者金融の扱うカードローンと銀行のカードローン、同じカードローンという金融商品ではありますが、どのように違いがありどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

まず、利便性という観点からいきますと圧倒的に優れているのは消費者金融のカードローンです。どんな点が利便性が高いかといいますとまずは審査スピードですね。そしてそれにともない融資スピード、そして借入・返済の手軽さなども優れています。カードローンを利用する方というのは、そもそもが急にお金が必要になった方です。お金が必要になったときにスムーズに手続きができてすぐに借りることができる、という点で消費者金融のカードローンは圧倒的に優れていると言えます。

 

例えば具体的な審査時間をみてみますと、大手の消費者金融の場合には審査時間は最短30分としているところがほとんどですが、銀行カードローンの場合にもなかには最短30分の早さのところもありますが、審査時間は即日融資が可能なところでも「最短即日」どまりなところがほとんどなのです。

 

また即日融資の場合、融資方法が振り込み融資だけとなりますと、銀行の営業時間内で振込してもらうところまで到達しなければお金を当日中に受け取るチャンスがもうありません。しかし消費者金融の場合には大手ですと無人の契約機が各所に設置されていますから、こちらを利用すれば即日カード発行が可能なため銀行の営業時間をすぎてしまっていても即日融資を受けられるチャンスが残っているのです。

 

審査の通りやすさ・審査の柔軟さという面でみても消費者金融のカードローンは優れていると言えるでしょう。そもそも審査の難易度と金利は反比例すると言われており、金利が低金利なほど審査は厳しく、審査が柔軟なほど金利は高くなる傾向にあります。消費者金融のカードローンは金利は高めではあるものの、審査は銀行カードローンと比べますと比較的柔軟です。

 

一方の銀行カードローンですが、こちらのメリットはやはり金利の低さでしょう。審査は消費者金融のものと比べますと比較的厳しく時間のかかる傾向にはありますが、金利が低いものが多く利息負担を抑えることができます。また銀行の融資になりますから総量規制の対象外となりますので借入する額に年収による法的な制限がつきません。消費者金融のカードローンのような利便性や手軽さはありませんが、時間的に余裕があり高額融資を希望する、また利息負担をとにかく抑えたいというのであれば銀行カードローンが向いているかもしれません。

 

消費者金融のカードローン、銀行のカードローンはそれぞれに優れた点があります。どちらがいいのかは個人によって優先したい条件に違いがあるでしょうから一概には言えませんが、自分がどの条件を優先したいかで選ぶカードローンを決めると良いでしょう。