消費者金融の金利はほんとうに高い?

消費者金融の金利というのは本当に高いのでしょうか。銀行カードローンと消費者金融を比べますと、まず消費者金融のデメリットとしてでてくるのが「消費者金融のほうが金利が高い」という内容です。しかし銀行カードローンの金利がどのくらいで、消費者金融の金利がどのくらいなのか、具体的にご存じでしょうか?これをきちんと知っておいてはじめてカードローン選びの際に判断ができるというものです。

 

まず結論から言ってしまいますと、消費者金融の金利は18%のことが多いです。カードローンの金利は4.5%〜18.0%というようにある程度の金利帯で表されることがほとんどです。しかしその金利帯のなかのどの利率が適用になるかは借入れ額や審査で決まります。そして、ほとんどの場合、100万円未満の借入であれば18%と一番高い利率が適用になる可能性が高いのです。

 

ではもっとお金を借りれば低い金利になるのか?といいますと、これはYESでもありNOでもあります。というのは、法律で100万円を超える借入れの場合には上限金利は15%というように定められていることもあり、100万円以上の借入の場合には適用金利は15%以下になりますから確かにその通りなのですが、カードローンに新規で申込をしてはじめからそれほどのまとまったお金を借りられるケースは多くないからです。

 

つまり新規で申込をした方がはじめから借りられる額は大体100万円未満となっているため、その際適用される金利も上限いっぱいの18%ということがほとんどとなる、というわけです。

 

じゃあ銀行カードローンのほうはどうか?といいますと、銀行カードローンは銀行によってまたローンによっても金利がさまざまなのでひとまとめにしては語りづらいところなのですが、大手の銀行や人気の銀行カードローンでみてみますと金利は4%台〜14%台としているところが多そうですね。確かにこれだけみますと14%と18%ですから上限金利が適用されたとしてもけっこう差があるなということがわかります。

 

しかし、なかには銀行カードローンでも18%程度の上限金利を提示しているところもあり、一概に銀行カードローンのほうが低金利、とは言いきれないのです。例えば大手消費者金融のプロミスと、新生銀行カードローンのレイクを比べてみましょう。

 

プロミスの金利は年4.5%〜17.8%、新生銀行カードローンレイクの金利は年4.5%〜18.0%です。こうして比べてみますと、消費者金融であるプロミスの方が若干ですが低金利なことがわかります。ですから一概に銀行カードローンのほうが低金利、というのは言いきれないのです。

 

また、このプロミスやレイクは初めての利用の方の場合には無利息サービス期間が設けられていますので、借りる期間によっては上限を14%台にしている銀行カードローンよりもずっと利息を少なくお金を借りることもできます。

 

確かに以前は消費者金融の金利はもっと高い金利が適用されていたため高かったのですが、現在ではそれも法律によって上限金利が引き下げられたため銀行カードローンともそれほど金利の開きがなくなりました。ですからこのように、現在では借り方によって消費者金融の金利は必ずしも高い、とは言いきれない状態なのです。