消費者金融の限度額

消費者金融の限度額は、最高500万円などと書かれてはいます。これをみますと充分な限度額を借りることができるカードローンなんだな、と思ってしまうかもしれませんが、実際にはほんとうにその額が借りられるというわけではありません。最大で500万円まで借りられるというものであって、申込をしたひとが全てその額を借りられるわけではないのです。

 

また消費者金融の場合には、法律で借り入れできる額に限度がついてしまいます。それが「総量規制」です。総量規制は貸金業法で定められている個人の借入総額は原則年収の3分の1までに制限される、という仕組みのことです。

 

年収の3分の1ということですので、年収が600万円の方でしたら200万円まで、年収が450万円の方でしたら150万円までが法的に借りられる額となります。そのため、最高限度額が500万円のカードローンで500万円を借りることができるのは年収が1,500万円以上の方、となってしまうわけです。

 

さらにお金を借りる際には審査がありますので、審査で年収や勤続年数などさまざまな情報からその人に貸してもよい利用限度枠というものが決定されます。総量規制でも150万円まで借りられるからとそのように希望をした方でも、審査の結果で50万円の枠しかもらえない、ということも普通によくあることです。

 

しかし、この利用限度枠というのは一度決まったら変えられないというわけではありません。利用状況により、増額してもらうことが可能です。カードローンは信用でお金を貸していますから、増額を成功させるためには実績を積むことが大切です。毎月遅れることなく返済を続けて返済実績をつくっていくことで信用度合いはあがります。一般的には半年程度の利用実績が必要と言われています。逆にこの間返済に遅れてしまったり延滞をしてしまったりということがありますとまず増額審査に通ることはできませんから、増額を考えているのであれば返済遅れには十分に注意しましょう。